OUR VISION

悩みと共存する社会をつくる
社名になっている「relye」という言葉は、創業者の幼少期の体験をきっかけに、英語のrely(頼る)と日本語の「未来へ」という言葉をかけ合わせて産まれました。
どんな人でも、経験を活かすことで、気軽に誰かの相談相手になれる。
過去に誰かが悩んだ経験値が、いま悩んでいる人のために受け継がれていく。
手を差し伸べた人の優しさが、社会的に評価される。
インターネットの力で、そんな家族のように頼り合える「相談のプラットフォーム」をつくることで、悩みと共存する社会をつくっていきたいと考えています。

VALUE

Trust
プロダクトやチームを信じる。
仲間を信じる。信じてもらう行動をとる。
Stack
どんな失敗や困難も糧にして、積み上げながら果敢に挑戦していく
Humble
ユーザーとメンバーに謙虚に向き合う。関わる全ての人に謙虚なコミュニケーションを心がける。

TEAM

経営陣
代表取締役社長 兼 CEO
村西 俊哉
慶應義塾大学大学院卒業後、LINE株式会社にて航空/物流業界等のインフラ領域を担当。その後、TikTok日本法人マーケティング部門に所属。2019年、relye株式会社を創業。2020年よりオンライン相談サービス「Neenee」「fumfum」を運営。2021年より「umbreller」を運営。CEOとしてオンライン相談領域を推進。
CSO
東京大学工学部計数工学科、東京大学大学院情報理工学系研究科にてデータマイニング、機械学習のアプリケーションを研究。卒業後は経営コンサルタントとして事業会社やPEファンドに対するコンサルティングに従事。2020年よりrelye株式会社に参画し、CSOとしてオンライン相談領域を推進。
CTO/開発リーダー
専修大学ネットワーク情報学部卒業後、大手メーカー開発部門にてバックエンドエンジニアを担当。高校入学時からプログラミングを開始し、relye株式会社では開発リーダーとして、フロントエンド及び、バックエンドを担当し開発を牽引する。
技術顧問
特別技術顧問
藤川 真一
(えふしん)
BASE株式会社 取締役CTO。1973年生まれ、埼玉県出身。FA装置メーカー、Web制作のベンチャーを経て、2006年にGMOペパボ株式会社入社。2007年から携帯向けTwitterクライアント「モバツイ」の開発・運営。2014年8月からBASE株式会社 取締役CTOに就任。2019年7月から同社取締役EVP of DevelopmentおよびPAY株式会社取締役に就任。2018年1月に慶應義塾大学大学院において博士(メディアデザイン学)取得
エンジニア
野村 征樹
ベンチャー企業にて未経験からプログラミングを学び、フロントエンド及び、バックエンドを担当。また、フリーランスとしてもクライアント案件の開発を請け負う。relye株式会社ではフロントエンドとバックエンドの両方の領域をまたがり開発を行う。
日本大学を卒業後、大手HR系企業にてシステムエンジニアを担当。大学時代からプログラミングを開始し、relye株式会社ではフロントエンドとバックエンドの両方の領域をまたがり開発を行う。

STORY

ロゴに込めた思い
木に寄主(寄生)することで成長をする植物「ヤドリギ 」
一方的に養分を吸い取るのではなく、枝や葉は天敵から身を守るために鳥を呼び寄せ巣の環境を提供する。その鳥が宿主に害を及ぼす虫を食べることから、寄生した木にも間接的なメリットをもたらしている。
一見ネガティブな「悩み」を肯定するモチーフとなるのではないかと思い、relyeのシンボルとしました。

ABOUT

会社概要